ジャーナル

Pocket

今、転職しようかなと思っている女性、もしくは、転職活動中の女性は、「次はどんな仕事に就こう」と一度は考えたことがあるでしょう。転職したい職種はあっても、もしかしたらもっと他に向いている職種、楽しい職種があるかもしれません。そこで、今、女性が転職したい人気の職種をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職したい女性に人気のお仕事とは?

エン・ジャパン株式会社の「エンウィメンズワーク」が2016年6月~7月に行った調査では、転職を検討している女性が就きたい職種として1位は「一般事務」(67%)、2位は「営業事務」(33%)、3位は「総務・人事」(23%)となっていました。特に一般事務は約7割にも上り、一般的に、女性にとって特に人気のお仕事であることがわかります。

女性が転職したい仕事にはどんな傾向がある?

ところで、女性が転職する仕事を選ぶとき、どんなことを重視して選んでいるのでしょうか。とらばーゆ総研が実施した2008年9月の調査が参考になります。この調査では、「働き方の志向性」のランキングがわかります。

<「働き方の志向性」ランキング>
1位:好きを仕事にする 72.0%
2位:専門性が高まる・身につく 46.2%
3位:コツコツ頑張る 35.3%

「好きを仕事にする」は根強い人気ですが、2位、3位の「専門性」「コツコツ」の志向は繊細で神経が細やかな女性ならではの結果といえそうです。専門性が高まる・身につく仕事には、「旅行企画・手配・ツアーコンダクター」や「SE・プログラマー・エンジニア」、「リフレクソロジー・セラピスト・アロマ・アロマセラピスト」などが上位にランクインしていました。

女性たちが転職に求めるのは、どちらかといえば給与アップや職場環境改善よりも、やっていて楽しい・やりがいなどの面であることが分かります。また、スキルアップ熱が高く、地道にコツコツ仕事をすることそのものが好きな傾向があるようです。

ハイキャリア女子に人気なのは?

一方、ハイキャリア女子に限ると、どんな職種が人気なのでしょうか。株式会社LiBが行った2014年の調査では、今後女性の採用ニーズが加熱しそうな職種として、「営業」「マーケ・企画」「サービス、販売」「WEB・インターネット・ゲーム」などが上位になっていました。ハイキャリアになると、営業やマーケなどの、積極的に自分から仕事をしていく職種のニーズが高いようですね。

まとめ

いかがでしたか?今、どのような職種に転職するか検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Pocket

新たなビジネスの創造を目指す人たちの働く環境
シェアオフィス・コワーキングスペース「enspace」

人気の記事

ITCE SNS