ジャーナル

Pocket

インフラ系のITエンジニア(以下、ITインフラエンジニア)を目指すあなたに、知っておいてほしいことがあります。それは、資格を取っておくと、就職や転職に有利になること。

なぜITインフラエンジニアは資格が有利になるのでしょうか?そこで、ITインフラエンジニアを目指すのに、特におすすめの資格をご紹介します。

ITインフラエンジニアは資格が有利になる理由

ITインフラエンジニアといえば、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニア、データベースエンジニアなどがあります。場合によってはITサービスマネジメント系の仕事もあります。

これらのITインフラ業界で必要とされる職種に就く場合、ある特定の資格があると有利になるといわれます。この、『ある特定の』というところがポイントです。

IT系資格であればなんでもいいというわけではないのです。一般的に、IT業界は資格よりも実務経験が重視されます。ある程度IT知識があることは前提になります。

ただ、ITインフラ業界ネットワークやサーバーなどに関する専門知識があると、すぐに即戦力となれる可能性があるのです。

このことから、資格取得は専門知識の重要な証になるため、就職・転職に有利になるといわれているのです。

ITインフラエンジニアを目指すあなたにおすすめの資格

では、ITインフラ業界で有利になる資格には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?専門別にみていきましょう。

ネットワーク系を目指すなら…

ネットワークエンジニアを目指すなら、米国のと呼ばれる通信機器の世界的企業「Cisco Systems(シスコシステムズ)」 の資格である『CCNA』です。

CCNAはネットワークエンジニアの基礎的な資格で、ネットワークエンジニアとして従事するには欠かせない資格といわれます。ネットワークについては、中小規模の構築や管理、運営が求められるレベルです。ネットワーク資格としては初歩に相当します。

上位資格には『CCNP』があり、より大規模なネットワークにその範囲が広がります。

よく使われるテキスト

関連記事:ネットワークエンジニアの仕事内容や必要スキル・資格とは?

サーバー系を目指すなら…

サーバーエンジニアを目指す場合、『LPIC Level1』と『LPIC Level2』を取得しておくと、知識の証になるでしょう。LinuxというOSの技術者を認定する資格で、LPIという非営利活動法人が運営している資格です。

Level1では基礎的な知識が問われ、さらにLevel2ではLevel1を踏まえた、応用的な知識が問われます。

よく使われるテキスト

関連記事:サーバーエンジニアの仕事内容や必要スキル・資格とは?

データベース系を目指すなら…

データベースエンジニアをめざすなら、日本オラクル社が運営する『オラクルマスター』のデータベース管理・運用についての資格を取得しておきたいものです。

「ブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ」とレベルが上がっていきます。ブロンズレベルは、最低限、データベースエンジニアとして働くうえで、知っておきたい知識を取得することになります。

よく使われるテキスト

関連記事:データーベースエンジニアの仕事内容や必要スキル・資格とは?

その他に…

就職や転職に有利になるのはこれらの専門的な資格ですが、国家資格であるITパスポートや基本情報処理技術者などの、IT業界で働くに当たって知っておきたい基礎的な知識を固める資格もおすすめです。

よく使われるテキスト

まとめ

資格は、就職・転職時に役立ちますが、IT業界では持っていることが当たり前のところがあり、実際、広く取得されているため、それだけでITインフラ業界で有利になるとは言い切れません。

ただ、『基礎知識を持っている』ことや、努力して取得した『事実』をアピールすることには大きな意味があります。

IT資格がはじめてというのなら、上記の資格を取得しておくと大いにアピールになり、就職・転職に有利に働くでしょう。

Pocket

新たなビジネスの創造を目指す人たちの働く環境
シェアオフィス・コワーキングスペース「enspace」

人気の記事

ITCE SNS