ジャーナル

システムエンジニア(SE)というと、昔からあるIT系の職種として知られています。あなたは今、システムエンジニアを目指して色々と情報収集をしているのかもしれません。そんなあなたのために、システムエンジニアの仕事内容や必要スキル、おすすめの資格をご紹介します。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアは、企業が必要とするシステムを設計・開発・テストする存在です。実際に要件定義を元にプログラミングを行うプログラマーよりも、上流工程で活躍します。システム開発の一般的な流れとして、まずはクライアントに必要なシステムをヒアリングする要求分析後、その内容を定義づける要件定義を行います。そして基本設計、詳細設計へと進み、プログラマーにプログラミングを依頼します。プログラミングが終われば、テストを行い動作確認をします。

システムエンジニアの必要スキルは?

システム開発の上流工程に携わるシステムエンジニアに必要とされるのは、プログラミングやシステム設計・構築の知識と技術はもちろん、コミュニケーション力、折衝力などです。さらに、スケジュール管理なども担うことがあるため、プロジェクトのマネジメント能力も必要といえるでしょう。システムエンジニアはいってみれば、システム開発のリーダー的な存在であり、いざという時に、頼れる人といったイメージ像目指すといいかもしれません。

システムエンジニアにおすすめの資格

システムエンジニアになるには、資格が必須というわけではありませんが、国家資格、ベンダー資格共に、多くのシステムエンジニアが取得しています。また、資格手当がある企業も多いため、持っておいて損はありません。

国家資格

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験は、システムエンジニアの大半が取得しているといわれる2大資格です。IT業界に携わるプロフェッショナルには欠かせません。

ベンダー資格

ベンダー資格は数多くあり、得意とするもしくは興味のある技術の資格を取得すると良いでしょう。サーバー系に強いシステムエンジニアを目指すなら、Linux技術者認定試験、プログラミングのJavaに強いシステムエンジニアを目指すならJava認定資格。データベース系ならORACLE MASTER、ネットワーク系ならCisco技術者認定などがあります。

まとめ

システムエンジニアはさまざまなタイプがあり、可能性がどこまでも広がっています。ぜひ自分の得意なジャンル、興味のあるジャンルを追求し、プロフェッショナルを目指しましょう。

新たなビジネスの創造を目指す人たちの働く環境
シェアオフィス・コワーキングスペース「enspace」

人気の記事

ITCE SNS