ジャーナル

Pocket

Photo by Saksham Gangwar on Unsplash

新たなアイディアや技術をもとに、大手企業が参入してこなかった、または利益や競合の関係から参入できないような事業を追い求める「ベンチャー企業」。任された仕事をただこなすだけでなく、「自分が会社を成長させる」という高い志を持つ方や、安定よりもやりがいを得たいという方にはピッタリの環境といえます。今回は、そんなベンチャー企業の特徴や、働くことの魅力をご紹介します。

ベンチャー企業とは「革新的で冒険的な事業を生み出す企業」

そもそもベンチャー企業とはどのような企業を指すのでしょうか。明確な定義はありませんが、一般的には「新しいアイディアや技術をもとに、革新的で冒険的な事業を生み出す企業」と認識されています。枠にとらわれず、世の中にない革新的な事業を開拓している組織は、大昔から現代まで変わらず魅力的な存在ですよね。大手・一般企業に比べ社員数が少なく年齢層が若い、会社を立ち上げて日が浅いといった特徴はデメリットと捉えられがちですが、軽いフットワークや新規事業の立ち上げが経験できることは間違いなく大きなメリットで、あなたがどんなふうに仕事を捉えているかでメリットにもデメリットにもなり得ることを覚えておきましょう。

魅力がいっぱい!ベンチャー企業で働くことで得られる3つのメリット

それでは、実際にベンチャー企業で働くことで得られる魅力やメリットを3つご紹介します。

1.入社時期に関係なく責任ある仕事に携わることができる

ベンチャー企業では、社歴が浅くても新規事業の立ち上げなどの責任ある仕事に比較的すぐに携わることができるチャンスがあります。これは多くのベンチャー企業にいえることですが、入社時期や経験によって仕事を任されるのではなく、実力主義であることがほとんどであり、同時に個人に任される仕事の裁量が大きいという傾向があるためです。一般企業ではこうした責任ある仕事は上層部が行うことがほとんどですから、社歴に関係なく積極的に重要なポジションで仕事を任せてもらえるという点はベンチャー企業で働くことの最大のメリットといえるでしょう。また、企業にもよりますが昇進や昇給の条件が体系だっていないことが多いため、実力次第で早い昇格が期待できるという点もメリットといえます。入社1年目で年収1,000万円オーバーを目指せる会社もたくさんありますので、友達に差をつけたい、親を驚かせたいという理由で選んでみてもよいかもしれません。

2.経営陣など高い役職の人との距離が近く学べることが多い

一般企業では、社長や上層部など高い役職の人との距離は遠いことがほとんどで、話をしたことすらないというケースもよくあります。しかし、ベンチャー企業では経営陣との距離が近いため、仕事のノウハウはもちろん、会社の経営方法なども間近で学ぶことができます。特に、将来起業を考えている方にとっては勉強になることで溢れているといえます。また、経営理念や経営陣の考え方を直接感じることができるので、組織全体に一体感があるという点もベンチャー企業の強みであり、魅力でもあります。

3.自分の意見が反映されやすくさまざまなことにチャレンジできる

大手企業では、その会社の伝統や従来の仕事の内容・方法を守りながら仕事を進めることが重要になります。一方、型にはまる必要がなく常に新しいアイディアや技術を作り出すベンチャー企業では、すぐに自身の意見が仕事に反映されたり、軽い気持ちで放った一言が会社の一大プロジェクトになったりするワクワク感があります。また、上述したとおり経営陣とも距離が近いため、一般企業では「上司に意見なんてとてもじゃないけど怖くて言えない!」という声も多いなか、積極的に意見を出しやすい環境であるともいえるでしょう。やる気さえあれば、どんどんやりたいことにチャレンジできる環境にあるので、自分自身で会社を大きく成長させていくことが実感でき、同時に大きなやりがいを感じられるはずです。

自分自身の能力を大きく引き上げたいならベンチャー企業へ

ベンチャー企業で働くうえで大切なことは、任された仕事をただこなすという受け身の姿勢でいるのではなく、新たなアイディアを出し、自分が会社を大きくしていく、成長させていくという攻めの姿勢でいることです。任される仕事の量や責任も大きいため、何か問題が起こったときに「何がいけなかったのか」「改善するにはどうしたらよいのか」と、1つ1つの仕事としっかりと向き合う能力も必要になります。安定した収入を得られればそれでよいという方には適していないかもしれません。しかし、新しいことに積極的に挑戦し、会社を成長させたいというチャレンジ精神や好奇心が旺盛の方、将来は起業も考えているという方、仕事には安定よりもやりがいを求めたい!という方が働く場としてピッタリなのがベンチャー企業なのです。

Pocket

新たなビジネスの創造を目指す人たちの働く環境
シェアオフィス・コワーキングスペース「enspace」

人気の記事

ITCE SNS