ジャーナル

Photo by Crew on Unsplash

あなたはプログラミングにハマると楽しくて、将来はプログラマーになりたい!と思った体験をしたことがあるのかもしれません。そうであれば、きっとプログラマーを目指して色々と情報収集をしていることでしょう。そんなあなたのために、プログラマーの仕事内容や必要スキル、おすすめの資格をご紹介します。

プログラマーの仕事内容

プログラマーは、システム開発を受注した際に、システムエンジニアがクライアントからヒアリングして作成した要件定義を元に、PHP・Perl・Javaなどのプログラミング言語を用いてプログラミングを行う役割です。しかし、プログラマーはただプログラミングだけを行うのではなく、プログラミング後のバグを見つけたり、修正対応を行ったりするデバックも行います。また、経験を積むごとに、システム構築・設計を担うシステムエンジニアの業務の一部を担ったり、システムエンジニア兼プログラマーという立場になったりすることもあります。

プログラマーの必要スキルは

プログラマーにとって必要なのは、プログラミング力はもちろん、IT全般の知識、プログラミング・デバック・テストなどに忍耐強く携わる精神力などのスキルです。また、プログラミングは一人で行うことはまれであり、多くの場合、プロジェクトのチームとして動くものです。チーム内のメンバーと協力するコミュニケーション力も求められます。また、言われるがままにプログラミングをするだけでなく、自己管理能力や問題発見脳力も必要になってきます。

プログラマーにおすすめの資格

プログラマーは特に資格がなくても就職することができますが、持っていると強みになる資格は多くあります。中でもおすすめの資格をご紹介します。また、プログラミング言語それぞれにも資格があります。自分が得意とする言語の資格を取得しておくと知識と技術の証明になるでしょう。

国家資格

・基本情報処理技術者
・応用情報処理技術者

ベンダー資格

Java

・Oracle Certified Java Programmer
・Javaプログラミング能力認定試験

PHP

・PHP技術者認定試験

C言語

・C言語プログラミング能力認定試験

Ruby

・Ruby技術者認定試験

プログラマーを目指すなら、ぜひこれらのスキルや資格を積極的に習得して、より優れたプログラマーを目指しましょう!

新たなビジネスの創造を目指す人たちの働く環境
シェアオフィス・コワーキングスペース「enspace」

人気の記事

ITCE SNS