ジャーナル

Photo by Stefan Stefancik on Unsplash

あなたは今、プロジェクトマネージャー(略称:PM)を目指し、色々と調査している段階なのかもしれません。確かにプロジェクトマネージャーは魅力的な仕事である一方、その具体的な仕事内容や必要スキルが見えないところがありますよね。そこで今回は、プロジェクトマネージャーにまつわる情報をご紹介します。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

多くのITシステム開発会社は、クライアントからシステム開発を受注したら、プロジェクトとしてチーム体制で進めていきます。チームとなれば当然、マネジメントする人が必要になります。そこで活躍するのがプロジェクトマネージャーです。

プロジェクトマネージャーの具体的な仕事は、開発におけるクライアントとの折衝から、開発計画の立案、プロジェクト人員を選出してプロジェクトを発足させます。

そしていざプロジェクトが始まれば、進捗管理や指揮監督を行い、開発後はクライアントにレビューをもらいます。

直接クライアントから要件をヒアリングするのはITコンサルタントが行うこともありますが、そ具体的な予算や納期などの調整はプロジェクトマネージャーが行うのが一般的です。

クライアント、ITコンサルタント、SE、プログラマー、ネットワークエンジニア、データベースエンジニア、サーバーエンジニアなどあらゆる人と関わる仕事です。

プロジェクトマネージャーの必要スキルは?

プロジェクトマネージャーに必要なのは、何よりシステム開発に関わった経験やIT技術全般に関する知識がベースとなります。そしてその上で、プロジェクトの予算やスケジュール組み、人員調整・管理が実践できることが求められます。

そしてコミュニケーション力はもちろん必要ですが、さらに周りへの細かな気遣い・配慮、リーダーシップは最大限に発揮する必要があります。

プロジェクトマネージャーにおすすめの資格

プロジェクトマネージャーになるために持っておくと役立つ国家資格は、次のものがあります。基礎的なIT知識全般を問われるものから、プロジェクトマネージャーとしての知識が身につくもの、さらに専門的な知識を習得できるものまであります。まずは基礎を身に付け、自分の強い分野の資格を取得するのをおすすめします。

基本情報技術者
プロジェクトマネージャー
ITストラテジスト
アプリケーションエンジニア
応用情報技術者
システムアナリスト

プロジェクトマネージャーは、システム開発のプロジェクトの調整役でありリーダーです。皆を指揮して隅々にまで目を光らせて気を配り、プロジェクトを成功させるのにやりがいを感じるあなたにおすすめの仕事です。

新たなビジネスの創造を目指す人たちの働く環境
シェアオフィス・コワーキングスペース「enspace」

人気の記事

ITCE SNS