ジャーナル

未経験からのITエンジニアへの就職や転職を志している人は、企業研修を活用するのも一つの方法です。それに参加することではじめて企業の戦力となります。企業研修では、実際どのような内容が行われているのか気になるところです。そこで、未経験、もしくは異業種からIT業界への転職を希望するあなたのために、研修の内容について迫ってみましょう。

ITエンジニアの研修制度

よくあるITエンジニアの研修制度を実施しているのは、主にIT企業のほか、スクール、人材派遣会社などの転職エージェントがあります。これらは、ITエンジニアとしての実践力をつけるための各種研修が行われています。対象者は、例えば次のような人です。

・新卒で、まだ仕事自体を行ったことがない人
・他職種・業界から転職してきた業界、職種の未経験者
・IT業界の就業経験はあるものの、分野の未経験者
・スキルアップ、キャリアアップを望む人

どんな研修が行われているの?

では実際、具体的にはどのような研修が行われているのでしょうか。

新人研修

例えば、新卒の新入社員に対して、3か月の研修期間を設けているIT企業では、社会人としてのマナー、仕事の基本的なやり方、プログラムの基礎、プロジェクトの模擬体験などが行われています。また、会社によっては、OJT(On The Job Training)という、実地で先輩について仕事を実際に行いながら行う研修方式をとるところもあります。

未経験者の転職者でもOKの企業研修

IT企業の中には、未経験の中途採用の人材に向けた社内研修を用意しているところも多くあります。例えば、ITの基礎となるコンピューターやプログラミングの専門的な基礎知識、通信の仕組みなどを学ぶことができます。また、業務に必要なプログラミング言語、例えばJava、C言語などの文法やコーディング、デバックなどの具体的なスキルを習得できる演習を行う研修もあります。実践で役立つ、システム開発プロジェクトの進め方を学べることもあります。また、課題を元に作品を作って実際にプレゼンするといったプレゼンテーション演習を行う研修もあります。

ITCE Academyを提供

ITCEでは、未経験でも安心してIT業界で働けるように、登録者が無料で参加できる様々な講座をご用意しています。その他、ITCEの運営元であるエンライズコーポレーションは、ITインフラエンジニアの養成機関や、資格学習サイトも運営しています。希望に応じて、これらの研修にかかわるサービスも気軽に利用することができます。

まとめ

IT業界ではさまざまな研修があり、未経験者でも十分働ける環境があります。ぜひ自分に合ったものを見つけてスキルを身に付けたいですね。また、ITCEでは、未経験からのITエンジニアへの転職を希望している人に役立つ研修メニューのご案内もできます。ぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

新たなビジネスの創造を目指す人たちの働く環境
シェアオフィス・コワーキングスペース「enspace」

人気の記事

ITCE SNS