ジャーナル

Pocket

第二新卒は、新卒や一般の転職と比べて転職は厳しいのではないかと思っていませんか?

第二新卒といえば、一般的に新卒で一度就職した人で、就職してから3年未満くらいの人を指します。明確な定義はありませんが、「一度就職していること」「就職してから2~3年経っていること」が第二新卒の意味に含まれています。

この第二新卒は、実は転職市場では歓迎されているところがあるのです。その理由や転職成功のポイントをご紹介します。

そもそも第二新卒で転職はあり?

第二新卒の人が転職するというと、どうしても「えっ、もう辞めるの?」と思われがちです。そのため、第二新卒者は転職を決意すると同時に、大きな不安もあるでしょう。しかし、転職市場においては、むしろ第二新卒は歓迎される傾向があるのです。

その理由で最も大きいのが、ビジネスマナー研修は一通り終えており、一度社会人経験があるという点です。また、25歳前後の若手はポテンシャルの面から有望です。業務を教える前に、一度社会人としてのビジネスマナーを教える必要がある新卒と比べてコストや手間の面で、第二新卒は新卒よりもより即戦力として早期に使いやすいところがあります。

第二新卒の転職成功のポイント

これらの理由から、転職市場では、「第二新卒大歓迎」のムードがあります。

しかしながら、誰もが簡単に転職できるというわけではありません。転職成功のポイントは、第二新卒であることをいかに強みにするかにかかっています。

1.第二新卒者には何が求められているのかを知る

第二新卒として、企業が求人募集をする場合、何が求められているのかを先に知っておきましょう。

例えば、基本的なビジネスマナーは身に付けているため、育成に時間とコストがかかりにくい点が重視されていたとします。その場合、身に付けた基本的なビジネスマナーをおさらいしておくなどして、すぐに即戦力となれるようにしましょう。

このように、企業が求めることをキャッチしてそれに応えることがポイントです。

2.経験より意欲が重視される

第二新卒は、一度社会人経験はあるものの、その経験の中身にはそれほど注視されません。むしろ、新卒同様、スキルや経験がなくとも、意欲がどれほどあるのかが見られます。

なぜ転職を志したのか、なぜこの会社・仕事を選んだのかをしっかり明確にしてプレゼンできるようにしておきましょう。

まとめ

第二新卒は、転職市場では歓迎されています。その期待に沿えるように、ぜひビジネスマナーの復習や転職理由、意欲アップの自己分析を行って準備しましょう。

Pocket

新たなビジネスの創造を目指す人たちの働く環境
シェアオフィス・コワーキングスペース「enspace」

人気の記事

ITCE SNS